2013年 扇風機 製品情報発信局 〜機能別・メーカー別〜

東芝(TOSHIBA)の扇風機

東芝(TOSHIBA)の扇風機

 東芝の2014年度の扇風機は、東芝ホームアプライアンス株式会社のプレスリリースによると、サイエントシリーズが2機種、DCタワー扇風機が1種類、DCリビング扇風機が2機種、ACリビング扇風機が3種類、AC壁掛け扇風機が1機種発売されるようです。4月発売とあるので、もうすでに発売されていることと思います。

 

 

 

 DCモーター搭載の扇風機サイエントシリーズの2013年モデルは、「F-DLR300X」「F-DLR200X」「F-DLR100」の3種類も引き続き販売されているようですが、新たに加わったサイエントの2種類は、旧モデルと比になかった機能が加わっていたり、旧モデルにはある機能がなかったりしています。2014年度のサイエントは リビング扇風機の「F−DLS1000」とコンパクトタイプの「F−DPS20(SIENTμ(サイエント ミュー)」の種類が出ており、大きな特徴としては、7枚羽根とその内側に設けた「斜流ファン」により、木目細やかに広がる、独特のなめらかな風を生み出しすという点だと思います。旧モデルは7枚羽根ではありましたが、内側の斜流ファンは付いてはいませんでした。

 

 また、コンパクトタイプのF−DPS20は、左右最大180度、上下最大100度の「立体ワイド首振り」機能が付いており、サーキュレータとしての役割を十分に果たしてくれる作りになっています。ただ、2013年モデルの「F-DLR300X」「F-DLR200X」のように東芝独自のピコイオン脱臭搭載で衣類のニオイを脱臭してくれる機能は付いていませんので、2014年度も2013年モデルにも注目が集まるのではないかと思います。搭載されています。部屋干し対策に扇風機を使う家庭も多く、脱臭機能付だと梅雨の季節にも大活躍してくれるので、注目の機能だと思います。脱臭機能についてはサイエント以外にはタワー型扇風機のF−TR5Xにも搭載されています。

 

 東芝の2014年モデルの扇風機は、DCモーター扇風機に関しては5種類登場します。サイエントシリーズが2種類のほかに、タワー扇風機F-DTS50X、リビング扇風機のF-DLS75(ハイポジション)とF-DLS65 の5台です。

 

 

 まだ従来のACモーターによる扇風機も4種類出ています。うち3台はリビング扇風機でF-ALS70(ハイポジション) F-ALS60 F-ALS50で残り一つが壁掛け扇F-AWS80 です。 

 

 

 全ての機種に共通している機能では、入タイマーと切タイマーのダブルタイマー機能搭載・チャイルドロック機能搭載という点です。特にタイマーに関しましては併用が可能なので、より便利にタイマーを利用できますね。

 

 

 東芝のホームページの商品情報では、2014年モデルだけでなく2013年モデルも掲載されていますので、市場にはおそらく2013年モデルも出ていると思います。旧モデルはお値段も下がっているケースが多いとは思いますが、機能面では十分な製品も多いので、検討されるのもいいかと思います。

 

 

サイエントシリーズ

 2013年モデルは、2012年モデルにはなかった脱臭機能が加わったことが一番の特徴だと思います(「F-DLR300X」「F-DLR200X」のみ)が、2014年モデルは2013年モデルをパワーアップしたものというより、新たなタイプが出たと言った感じなのではないでしょう。脱臭機能に関しては、2014年モデルには付いていません。

 

 

 上高地の風と同じ、自然に吹くのよう風とDCモーターによる省エネな点は変わらないものの、羽根が7枚だったのが 7枚プラス10枚の斜流ファン になった点やサーキュレーターとしても使える2wayコンパクトタイプが出るなど、旧モデルにはなかったタイプが登場しています。

 

 

 旧モデルには、2014年モデルにはない機能もあります。個人的には2013年モデルのF-DLR300Xは注目です。充電も可能ですし、内蔵された充電式バッテリーにより、夜間電力を有効に活用して昼間の電力消費量を減らすことができるピークシフト運転が可能なピークシフト機能が付いているからです。震災後、節電への関心が高まる中、充電可能な扇風機への関心も高まっていましたが、最近では以前と比べると節電の呼びかけは減っていると思います。しかし、震災はいつ起こるかはわかりませんので、充電機能のある扇風機は2014年も需要があると思っています。

 

2014年モデル
F-DLS1000 F-DPS20

 

2013年モデル
F-DLR300X F-DLR200X F-DLR100

 

 

リビング扇風機

 2014年モデルのリビング扇風機としては、DCモーター搭載分ではサイエントのF-DLS1000、サイエント以外のDCモーター扇風機としてはF-DLS75 F-DLS65、さらにACモーター扇風機のF-ALS60 F-ALS50 が出ています。

 

2014年モデル
F-DLS1000X (DCモーター) F-DLS75 (DCモーター) F-DLS65 (DCモーター)

 

F-ALS60 F-ALS50

 

 

 

 

 

 

2013年モデル
F-DLR50 (DCモーター) F-DLR10 (DCモーター) F-LR8

 

 

 


扇風機の製品詳細については公式サイトやプレスリリースを見ていただくことをお薦めします♪
東芝ホームアプライアンス株式会社 プレスリリース
東芝公式サイト 扇風機 http://www.toshiba.co.jp/tha/about/press/140320.htm

 

 

記事投稿日2014年5月8日

 

 

 

PR:東芝 扇風機

東芝(TOSHIBA)の扇風機記事一覧

リビング扇風機 2013年モデル

>>サイエントシリーズのリビング扇風機はこちら>>2014年モデルのリビング扇風機はこちら>>2012年モデルのリビング扇風機はこちらDCモーター搭載のリビング扇風機F-DLR50【Joshin webはネット通販1位(アフターサービスランキング)/日経ビジネス誌2012】F-DLR50-W【税.....

≫続きを読む

 

リビング扇風機 2014年モデル

>>サイエントシリーズのリビング扇風機はこちら>>2013年モデルのリビング扇風機はこちらDCモーター搭載のリビング扇風機F-DLS75★5/12am9:59迄ポイント2倍★先着15000名限定・100円OFFクーポン★【Joshinはネット通販部門1位...価格:17,200円(税込、送料込)販売...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ